こんな人は要注意!ED治療薬を飲めない男性の特徴

「勃起不全になっても、ED治療薬を飲めばセックスできる」と安心している男性は要注意!

ED治療薬の働きは、血管を拡げて血流をアップさせること。
血圧に作用するため、併用することで身体に悪影響をおよぼす薬が存在します

持病の治療で飲んでいる薬がある人はバイアグラやレビトラといった薬を飲めないケースがあるので、飲み合わせが可能かかならず事前にチェックしてください。

こんな薬を飲んでない?併用禁忌薬一覧&服用禁止の病気

併用禁忌薬とは?

勃起に自信がなくなったからといって、誰でもED治療薬を飲めるわけではありません

併用を禁止されている、または注意が必要な薬と一緒に服用すると、有効成分が効き過ぎたり病状を悪化させたりといった危険性が

治療中の病気があるという人、日常的に薬を服用しているという人は、主治医に確認してみましょう。

血圧に作用する薬は併用しない!

塩酸アミオダロン製剤
硝酸剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)
リオシグアト
sGC刺激剤

ED治療薬といっしょに血管を拡げる作用の薬を飲むと、血圧が急激に低下することがあり大変危険です。

現在服用中の薬がある人は、併用禁忌薬のなかにシルデナフィルタダラフィルバルデナフィルがないかチェックしてみましょう。

こんな病気の人はED治療薬を飲めません

ED治療薬を飲んでアレルギー症状を発症したことがある
6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の発症歴がある
狭心症
原発性肺高血圧症
低血圧または高血圧
重度の肝機能障害
網膜色素変性症

上記に当てはまる人がED治療薬を飲むと、血流が活発になる作用によって症状が悪化するおそれがあります。
勃起不全で悩んでいるとしても、ED治療薬の服用は控えてください。

ED治療薬の服用に注意が必要な人は?

ED治療薬の服用に注意が必要な人

併用禁忌とまでいかなくても飲み合わせによっては危険を伴う可能性がある、という病気があります。

症状の進行具合や度合いによって判断は異なるので、ED治療薬を試したいと考えている人はまず医師に確認してみましょう。

高齢者
女性
ペニスを損傷している、欠陥がある
鎌状赤血球性貧血
多発性骨髄腫
白血病
出血性疾患または消化性潰瘍
肝障害(脂肪肝など)
併用注意薬を服用している

併用注意薬は、リトナビル、エリスロマイシン、ボセンタン、リファンピシン、アムロジピン、ドキサゾシン、カルペリチドなどです。

これらの症状に当てはまるからといって絶対にED治療薬を飲んではいけないということではありませんが、主治医や薬剤師に相談して安全を確かめたうえで、服用を検討してください。

健康な身体がなくてはセックスも楽しめない!

ED治療薬は、セックスの成功率や満足度を高めるためのもの。
いくら勃起できるようになりたいからといっても、危険な服用をして体調を崩してしまうようでは絶対にダメ

自分の身体としっかり向き合い、医師の判断を仰いだうえで、安心・安全にナイトライフの充実を図っていきましょう