ブリトラ|レビトラのジェネリック探しで迷っている人へ

「ずっとレビトラを使っていたけど、安いジェネックも試してみたい」

そんな男性に、今もっともオススメなのがブリトラです。
ブリトラは、インドにあるCenturion(センチュリアン)社製のレビトラ・ジェネリック。

1錠あたり154~191円というお手ごろすぎる価格で、レビトラと同じ即効性とハードな勃起力を実現!
「安価で買えるレビトラのジェネリックといえばバリフ」という認識が広まっていますが、バリフはすでに製造が終了している商品です。
現在販売されているのは生産済みの在庫分なので、いつ売切れてしまうかわかりません。

その点、現在進行形で製造・販売されているブリトラなら、バリフに引けを取らない安さでED対策を続けていくことが可能

1回分の費用
ブリトラ 154~191円
バリフ 152~190円
レビトラ 1,064~1,300円

レビトラの6~7分の1ほどの費用で済ませられるうえ、格安といわれているバリフとほとんど同じコストパフォーマンス。
レビトラのジェネリック探しで迷っている人はぜひ、ブリトラを試してみてください。

ブリトラの効果

ブリトラとは

ブリトラの有効成分はバルデナフィルで、レビトラと同じ効果を持っています。

血管拡張と血行促進の働きで、性的刺激を感じた際のペニスの血流量を大幅アップ!
EDを引き起こしている酵素の活性を抑えることで、性欲→勃起という本来の反応が起こりやすい状態へ。
硬く膨張したペニスで満足度の高い性行為が叶うのはもちろん、飲めば10~20分ほどで効き始めるという即効性の高さも大きな魅力です。

最短10分!?即効性が魅力のED治療薬

ブリトラは、服用から勃起できるようになるまでにさほど時間がかからないのが一番の特徴です。

早い人なら、10分ほどで「身体が熱くなってきた」「ちょっと頭が痛いかも…」といった変化を実感。
一般的には服用後15~20分ほどで効き始め、もっとも強く作用するのは45分後です。
その後、少しずつ作用は弱まっていき、10時間後にはほとんど効果が感じられなくなります。

ブリトラのすごさは、優れた瞬発力にあります。
事前準備を怠った日に突然のセックスチャンスが訪れたとしても、飲めばすぐに勃てるコンディションにしてくれるなんて頼りになり過ぎますよね。

ブリトラの正しい飲み方

ブリトラの服用方法
・1日1回1錠(バルデナフィル20mgまで)
・性行為の30分前に飲んでおく
・次の服用まで24時間以上の間隔をあける

ブリトラの飲み方は、レビトラと同じと考えてOK。
レビトラ系の薬が初めてだという人は、錠剤を半分に分割して少量から試してみてください。
いきなり最大量を摂取すると、思いがけず強く現れる副作用に悩まされてしまう可能性も。

安全にセックスを楽しむためにも、自分の身体に適した分量を把握することが大切です。

食後すぐは避けておこう

ブリトラの有効成分・バルデナフィルは、体内での吸収スピードが早いのが特徴です。
そのおかげで即効性を発揮してくれるわけですが、有効成分を効率的かつ効果的に体内へ取り込むには空腹状態での服用がマスト

バルデナフィルは腸壁から吸収されますが、食中や食後すぐだと腸内に食事の内容物がたっぷり留まっていて吸収を妨げてしまいます。

空腹時=腸内に邪魔モノがいない状態のときに服用することが、もっともスムーズに効果を発揮する秘訣なんです。

飲酒はガマンしておくのが正解

女の子とデートしていれば、一緒にお酒を飲む機会もあるはずです。
しかし、ブリトラを飲むつもりの日や飲んだ直後のタイミングでお酒を飲むことは、避けておくのがかしこい選択。

ブリトラもアルコールも摂取後には、とても血行がよくなります。
血の巡りがよくなり過ぎると、頭痛や動悸、ふらつき、めまいといった副作用が顕著に現れてしまうリスク大!

ブリトラを飲んでまで気持ちよくセックスを楽しみたいのなら、アルコールによる雰囲気作りやテンションUPよりも体調維持を優先するのが正解です。

ブリトラの副作用

ブリトラの副作用
頭痛
鼻づまり
顔のほてり
動悸

レビトラと同じように、血管拡張の影響による副作用が目立ちます。
早く効いてくれる分副作用症状が出やすいのが難ですが、いずれも一時的かつ軽度で治まることがほとんど。
何度か服用していくうちに身体が慣れて、不快な症状は感じなくなっていきます。

ただし、時間が経っても体調が回復しない・むしろどんどん悪化している気がするといった場合には、ためらわずに医療機関を受診してください。

投薬治療中の場合は、ブリトラを服用できない場合がある

ブリトラの併用禁忌薬
硝酸剤(アイスラール錠、シルビノール錠、亜硫酸アミルなど)
抗ウイルス薬(インビラーゼ錠、カレトラ錠、テラビック錠など)
抗真菌薬(イトラコネート錠、ケトコナゾール錠など)
抗不整脈薬(アミオダロン塩酸塩錠、アジマリン錠、硫酸キニジン錠など)
慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬(アデムパス錠)

これらの治療薬は、ブリトラと一緒に服用するとそれぞれの効果を弱めたり高め過ぎたりと、身体に大きな負担を与えかねません

毎日飲んでいる薬がある・治療中の持病があるといった場合には、ブリトラを購入する前にかならず医師に相談してください。