ED治療薬に即効性は重要?効きの早さと作用の長さで選ぶレビトラ

思いがけずセックスのチャンス到来!
今日は風俗で思いっきり発散したい!

そんなときにおススメのED治療薬がレビトラです。
早い人なら服用後15分ほどで効き始めるので、セックスのタイミングを逃すことなく臨戦態勢に
作用時間は最大10時間と、バイアグラよりも効果が長く続くのも使いやすいポイント。

ジェネリックも開発されていて、バリフやレビスマといった商品が人気です。

バツグンの即効性と適度な持続力

レビトラ

レビトラの魅力は、勃起スピードの速さと適度な作用時間です。
ほかのED治療薬と比較してみましょう。

レビトラ バイアグラ シアリス
服用~効き始めるまで 最短15分 最短30分 1~3時間
作用の持続時間 8~10時間 5~6時間 24~36時間

作用時間が短いバイアグラや効きが遅いシアリスと比べて、レビトラは即効性に優れて作用時間もほどほどに長いという使い勝手のよさが際立ちますね。

バルデナフィルってどんな成分?

レビトラの有効成分はタダラフィルといって、水溶性の高さが特徴です。
水に溶けやすい=体内での吸収スピードが早いので、服用から短時間で効いてくれるというわけ。

体内での働きはほかのED治療薬と同じで、EDの原因となっているPDE5を抑制して性器への血流を促すこと。
性器の硬さをキープすることで、セックスの成功率と満足度をグンと高めてくれます。

服用方法で即効性が変わる!?

レビトラの効果は飲み方で変わる

レビトラは医薬品なので、用法用量が定められています。
サプリメントや精力剤のように、好きなタイミングで服用しても狙った効果が得られないということに・・。

自信をもってセックスを楽しむためにも、正しく安全な服用方法を確認しておきましょう。

レビトラの飲み方は?

・1回1錠
・性行為の30分前に飲む
・服用は1日1回まで

レビトラは服用して15~20分ほどで効き始めて、45分ほどで血中濃度が最高値に=作用のピークに達します
つまり行為の直前に飲んでも十分間に合うけれど、効果がマックスの状態でセックスしたいと考えるなら 1時間前に飲んでおくのが確実

バルデナフィルは水に溶けやすくほかのED治療薬よりも吸収率は高いですが、もっとも効率よく効果を発揮できるのは空腹状態で服用したとき。
腸内に未消化の食べものが残っていなければ、成分はスムーズに吸収されます。

反対に脂っこい食事のあとは、腸壁に油膜が張ってしまってベルでなフィルの吸収が遅れてしまいます。

副作用の現れ方にも注意しておこう

効きが早い薬は副作用がでやすいもの。
ED治療薬のなかで即効性を誇るレビトラも、副作用は出るものと思っておきましょう。

レビトラの副作用は・・?

頭痛
ほてり
鼻づまり
動悸 など

副作用は血行促進作用の影響で起こる症状が多く、いずれも一時的で軽く済む場合がほとんど。
「副作用が出たらどうしよう・・」と心配しすぎる必要はありませんが、どんな症状がレビトラの影響なのかをあらかじめ知っておくことは大切。

顔がほてってきたり、鼻炎のような症状が出てきたりしたら「薬が効いてきたかも」と捉えてOK。
どうしても症状がキツい場合には、頭痛薬や鼻炎薬などの市販薬を併用しても大丈夫

またレビトラ服用時は、グレープフルーツを使ったジュースやカクテルを飲むのはNG
副作用を強めてしまう可能性があるためで、夏ミカンやハッサク、ライムなども同じく避けておきましょう

サッパリ系・柑橘系のフルーツでは、バレンシアオレンジやレモン、ゆずなどは○。

余計な副作用を避けるためにも、ちょっとしたことに気を配っておくことが大切です。